音楽・美術・体育の「授業がない国」の背景事情

音楽・美術・体育の「授業がない国」の背景事情

「外の世界に関心を持ち、知ってほしい」と池上彰さんが力を込めて言う理由とは(写真:PeopleImages/iStock)

OECD(経済協力開発機構)などの調査によると、日本から海外に留学した生徒・学生の数は2004年の約8万3000人をピークとして2016年には約5万6000人に減少しています。そして、世界中を襲った新型コロナウイルスの影響で、2020年、2021年と海外へ出ていくことが難しくなり、旅行や研修、留学の機会はますます減っています。

この状況にジャーナリストの池上彰さんは、「日本の若者は世界に目を向けることが少なくなったのではないか」と憂えています。そんな若者たちに「外の世界に関心を持ち、知ってほしい。コロナ禍が収束したら海外に出てほしい」と力を込めて言います。なぜ、若者に外に出てほしいと願うのか、池上さんの新著『なぜ世界を知るべきなのか』を一部抜粋し再構成しその理由を探ります。

■学びだすと「無知」を知る

海外に留学すれば、さまざまな出会いがあるでしょうし、いろいろなことに気づき、感じることがあるでしょう。しかし、旅行だけでも多くのことを感じ、知ることができます。

私自身の話をしましょう。NHKを辞めて、真っ先に向かったのはイランでした。2005年頃、イランが核兵器をつくろうとしているのではないか、というのが世界の大問題になっていました。いずれ、イランが大きなニュースになる、イランの様子を見てみようと思い、身銭を切って行ったのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)