9.11の反省からCIAが「人材の多様化」進めた意味

9.11の反省からCIAが「人材の多様化」進めた意味

チームを多様性に富んだ異なる特徴を持つ者で構成することには、パフォーマンスを向上させるメリットがあります(写真:fizkes/iStock)

約3000人が死亡したアメリカ同時多発テロから9月で20年になります。

この史上最悪のテロを、何万人もの人員と何兆円もの資金を誇るアメリカの情報機関は防ぐことができなかったのか――。こうした批判の目は、事件後とりわけCIAに向けられました。実際、複数のテロの「兆候」があったにもかかわらず、アメリカの情報機関は潜入捜査などを開始していませんでした。

このCIAが犯した「史上最大級の失敗」の原因の1つに、「組織の多様性のなさ」を挙げる声があります。

新著『多様性の科学』では、CIAやGoogleなどのグローバル企業などの事例をとり、同じ特徴の者ばかりを集めた多様性に欠けるチームでは、致命的な失敗を未然に見つけ、高いパフォーマンスを発揮することはできない、と説いています。

前回、前々回に引き続き、同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

■CIAが「9.11の反省」から変わったこと

9.11のあとしばらくして、CIAは自分たちが致命的な画一的集団であることにやっと気づき始めた。その兆候は、アフリカ系アメリカ人のムスリム、ヤヤ・ファヌーシを職員に採用したことからもわかる。ファヌーシはアメリカの西海岸で生まれ、カリフォルニア大学バークレー校で経済学を専攻し、その後フルブライト奨学金を得てコロンビア大学大学院を修了した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)