イトマン事件、30年前に起きた戦後最大事件の闇

イトマン事件、30年前に起きた戦後最大事件の闇

1990年10月、記者会見に臨む伊藤萬の伊藤寿永光常務(右)と河村良彦社長(左)(編集部撮影)

あの夏も暑かった。

温暖化がここまで人の口にのぼっていなかった1991年7月23日、大阪は気温36度の猛暑を記録した。

その日、中堅商社イトマンの河村良彦元社長と伊藤寿永光元常務、不動産管理会社の許永中代表らが大阪地検特捜部に商法(特別背任)違反などの容疑で一斉に逮捕された。日本中が沸き立ったバブル経済にとどめを刺す一矢となった。

30年前の出来事を思い出したのは、事件についてあるメディアから問い合わせがあったからだ。

■イトマン事件とは何だったのか

私は当時、朝日新聞大阪本社社会部の取材班キャップとして、捜査開始前から主役の逮捕、初公判までを見届け、『イトマン事件の深層』にまとめた。主要な登場人物のほとんどに直接取材するとともに捜査当局の動きを追った記録だ。

近年、許氏をはじめ事件にかかわった何人かが手記を出版している。当事者としての弁明や見解が記され、当時は知りえなかった事実も含まれており、それぞれ興味深い。

だが、ここでは進展する事態を間近で見続けた記者として「戦後最大の経済事件」を振り返ってみたい。河村氏が転落した年齢に自分も達したという個人的な感慨もあってのことだ。

イトマン事件とは、バブル経済期最終盤の1年足らずの間に住友銀行(現・三井住友銀行)系の商社・伊藤萬(その後イトマンに社名変更)から数千億円が引き出され、株、土地、絵画、ゴルフ会員権などを通じて広域暴力団山口組ともつながる闇の世界に流失、大阪地検特捜部などが主要人物らを逮捕、起訴、有罪に持ち込んだ事案だ。事件により、日本を代表する企業の経営者多数が辞任に追い込まれ、イトマンや大阪府民信用組合をはじめ多くの組織が消滅した。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)