横浜市長選、菅首相を襲った「最側近惨敗」の痛撃

横浜市長選、菅首相を襲った「最側近惨敗」の痛撃

横浜市長選で勝利し、祝福を受ける山中竹春氏(右から2人目)(写真:時事)

東京に次ぐ巨大都市・横浜の市長選結果が、全国的なコロナ感染爆発で苦闘が続く菅義偉首相を痛撃した。自らの地元での与野党対決型となった同市長選で、出馬した側近を全面支援したのに、事前の想定を超えて野党候補に惨敗したからだ。

2020年9月の菅政権発足以来、4月の衆参補欠・再選挙や7月の東京都議選など、与野党対決型の重要選挙はほとんど自民が敗北。今回横浜市長選でも惨敗したことで、迫りくる衆院選に向け、自民党内の「菅首相では戦えない」との声を拡大させている。

■菅首相が全面支援の揚げ句の「惨敗」

東京五輪後も続く全国的なコロナ感染爆発で、多くの調査で内閣支持率は政権維持の危険水域とされる「30%割れ」が相次ぐ。秋の政局の起点ともなるパラリンピック閉幕後の9月12日まで緊急事態宣言が延長され、自民党総裁選先行論が台頭する中、自民党内の「菅降ろし」が顕在化すれば、菅首相の再選戦略も破綻しかねない。

カジノを軸とする統合型リゾート(IR)横浜港誘致の可否が主な争点となった横浜市長選(8日告示)は22日投開票され、誘致反対を旗印に立憲民主党など主要野党が支援した山中竹春・元横浜市大教授(48)が、小此木八郎前国家公安委員長(56)に18万票を超える大差をつけて初当選した。

小此木氏は菅首相の最側近。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)