埼玉・小川町メガソーラー、希少野生動物への懸念

埼玉・小川町メガソーラー、希少野生動物への懸念

事業予定地の近くで生まれたサシバのヒナ(写真:鈴木邦彦氏提供、本記事の鳥類の写真は営巣や繁殖に影響を与えないよう観察・撮影されました)

国の環境影響評価(環境アセス)手続き中の埼玉県小川町のメガソーラー事業予定地で、絶滅危惧種のミゾゴイとサシバの繁殖が確認された。どちらも日本で夏を過ごす渡り鳥で、里地里山を代表する鳥。近年生息数が激減し、国と県が絶滅危惧種に指定している。地元の住民と研究者らが独自の調査を重ね、8月25日に結果を公表した。事業者の調査は極めてずさんだとして、環境アセス準備書を厳正に審査するよう、国と県に求めた。

■地元住民と研究者のチームが手探りで調査に挑んだ

調査を行ったのは、埼玉県内の住民団体「比企の太陽光発電を考える会」の鳥好きのメンバーと、生態系や野鳥の研究者でつくる「野鳥調査チーム」。

ミゾゴイは、コウノトリ目サギ科の茶色い鳥。フィリピンや台湾などで冬を過ごした後、春になると日本に来て本州から九州にかけての低い山で繁殖する。環境省のレッドリストでは「絶滅危惧II類」、埼玉県のレッドデータブックでは「絶滅危惧IB類」。ミミズや沢・渓流のサワガニなどを食べる。

国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(2016年版)は、ミゾゴイを「野生での絶滅の危険性が非常に高い」というカテゴリーに区分し、世界での生息数を600〜1700羽と推定していた。昨年の改訂版で、推定生息数は5000〜9999羽としたが、少ないことには変わりがない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)