ボルボが中国に「100%出資」トラック工場建設へ

ボルボが中国に「100%出資」トラック工場建設へ

スウェーデンの商用車大手のボルボ・グループは、中国の江鈴重型汽車を買収して大型トラックの現地生産に乗り出す(写真は同社トラック部門のウェブサイトより)

スウェーデンの商用車大手のボルボ・グループは、大型トラックの製造を手掛ける中国メーカーの江鈴重型汽車を買収する。8月23日、この買収について江鈴重型汽車の親会社の江鈴汽車と合意したと発表した。買収額は7億8000万元(約132億円)。なお、買収手続きは関係当局の認可を待たなければならない。

ボルボ・グループの主力製品はトラック、バス、建設機械などだ。かつては乗用車も手がけていたが、乗用車部門のボルボ・カーズは(1999年にアメリカ自動車大手のフォード・モーターに売却され、その後)2010年に中国の中堅自動車メーカーの吉利控股集団(ジーリー)の傘下に入った。吉利控股集団はボルボ・グループの大株主でもある。

今回ボルボ・グループが買収を決めた江鈴重型汽車は、もともとは国有中堅自動車メーカーの長安汽車集団の傘下企業だった。2013年にそれを江鈴汽車が買収し、社名を江鈴重型汽車に変更した。

しかし同社の業績は振るわず、2020年は売上高6億9900万元(約118億円)に対して5億2000万元(約88億円)の純損失を計上。純資産はマイナス4億7000万元(約80億円)の債務超過に陥った。

そんななか、親会社の江鈴汽車は2021年1月に11億4200万元(約193億円)の増資を引き受けて江鈴重型汽車の債務超過を解消。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)