ミサイル網担う奄美「有事の島外脱出策ない」深刻

ミサイル網担う奄美「有事の島外脱出策ない」深刻

奄美大島の名瀬港に到着したアメリカ陸軍=今年6月26日(住民撮影)

鹿児島県と沖縄本島のほぼ中間にある奄美大島が中国を意識した「南西諸島有事」の拠点になりつつある。この夏には日米合同の軍事訓練が行われ、秋には約10万人を動員する過去最大規模の自衛隊演習もある。しかし、本当に有事となったら、6万人近い島民をどう避難させるかの具体的計画は何もない。奄美大島に限らない。「いざ」というとき、誰が住民の島外脱出を担うのか。誰がどうやって、その命を守るのか。

今年6月26日、いつも静かな奄美市の名瀬港は、異様な空気に包まれていた。アメリカ軍の大型輸送船が着岸し、地上配備型迎撃ミサイルの発射台を搭載した大型軍事車両が次々と姿を現してくる。沖縄の嘉手納基地からやってきたアメリカ陸軍の地対艦誘導弾・パトリオット部隊だ。

■沖縄以外で展開されるのは初めて

北海道の矢臼別演習場や滋賀県の饗庭野演習場など各地で行われていた、陸上自衛隊とアメリカ陸軍による実践訓練「オリエント・シールド21」(6月18日〜7月11日)。訓練は、陸自の奄美駐屯地でも7月1日から始まることになっていた。アメリカ軍のパトリオット部隊が、沖縄本島以外の南西諸島に展開されるのは初めてだ。

名瀬港を迷彩服姿のアメリカ軍人が闊歩していく。カメラを構えた歓迎ムードの島民がわずかにいる。反対行動はなかった。2019年、自衛隊の2駐屯地受け入れにあたっても、奄美の人々は、一部を除いて強く抗議はしなかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)