際立つ「40〜50代未婚男性」幸福度の低さの背景

際立つ「40〜50代未婚男性」幸福度の低さの背景

結局、「しあわせ」とはどういうことなのか。さまざまな幸福度のデータから見えてきたこと(写真:Pro2sound/iStock)

幸福度は、未婚者より既婚者のほうが高く、男性より女性のほうが高い。

これは世界的にも割と共通した傾向で、2017〜2020年の「世界価値観調査」においても、調査対象77カ国中、未婚者より既婚者の幸福度が高い国は70%を超え、男性より女性の幸福度が高い国も53%あります。

日本もその多数派に属します。それどころか、既婚者の幸福度が高い順では日本は5位、女性の幸福度が高い順では3位とトップグループにランクインします。

■40〜50代未婚男性の幸福度の低さ

日本における年代別でみてもその傾向は顕著ですが、私が2020年に国内で調査した以下のグラフにもあるとおり、とくに気になるのは40〜50代の未婚男性の幸福度の際立つ低さです。逆にいえば、未婚の40〜50代男性の不幸度がいちばん高いということになります。これは2016年から継続調査の推移を見ても同様の傾向です。

(※外部配信先では図を全て閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)



未婚男性の幸福度が突出して低い理由として、すぐ思いつく要因としては「未婚男性は低年収だから」というものがあります。

実際『「金がないから結婚できない」と嘆く人の大誤解』の記事でも考察しましたが、東京や大都市圏においては「金がないから結婚できない」という問題は確かに存在します。しかし、未婚男性の低い幸福度は年収だけのせいなのかというとそうでもないのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)