自主映画を40年以上支援し続ける「PFF」の信念

自主映画を40年以上支援し続ける「PFF」の信念

東京都中央区京橋の国立映画アーカイブで開催されている「ぴあフィルムフェスティバル」。今年で43回目の開催となる (編集部撮影)

コロナ禍で映画業界は、厳しい状況が続いているが、多くの人が参加する「映画祭」も同様に逆風が続いている。

そろそろ秋の映画祭シーズンとなるが、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021」「山形国際ドキュメンタリー映画祭2021」「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」といった国内の著名な映画祭はオンラインを中心とした開催にすると表明している。関係者はエンタメの灯を消してはいけないと、できる形を模索し続けている。

そんな中、若手監督の登竜門と呼ばれる映画祭として長年親しまれている「ぴあフィルムフェスティバル」(以下、PFF)が今年も9月11日から25日にかけて東京・京橋の国立映画アーカイブで開催されている。

■自主制作映画展が前身

映画祭の醍醐味といえば、「人との出会い、映画との出会い」が挙げられるが、PFFはコロナ禍でもその部分は大切にしている。PFFの荒木啓子ディレクターは「絶対にスクリーンで上映することはやめない。自分の作った映画をパソコンの画面でしか観たことがない人も多い中、見知らぬ人たちと一緒に映画を観て、いろいろな反応を知ることができるというこの特別な状況を体験してもらうことこそが映画祭の使命」と語る。

そもそも、「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」の始まりは1977年。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)