中国政府が未成年のゲーム「週3時間」制限の衝撃

中国政府が未成年のゲーム「週3時間」制限の衝撃

国家新聞出版署は未成年者のゲーム依存症を予防するため厳しい規制を打ち出した(写真はイメージ)

中国のメディアやコンテンツ産業を管轄する国家新聞出版署は8月30日、未成年者の「オンラインゲーム依存症」を予防するための新たな規制を定め、ゲーム会社に通達した。

18歳未満の未成年者に対するオンラインゲームの提供を週末の金曜日、土曜日、日曜日および祝日に限り、時間帯は午後8時から9時までの1時間に制限する。それ以外の曜日や時間帯のゲーム提供は一律禁止する。

この規制により、中国の生徒や学生は金曜日を除く平日にはオンラインゲームにログインできなくなる。ゲーム会社にとって、それは18歳未満のユーザーの利用時間が大幅に減少し、ゲームのアクティブプレーヤー数や課金収入が目減りすることを意味する。

近年はスマートフォンなどのモバイル端末の普及が進んだ結果、青少年が保護者の目を盗んで(保護者の端末を操作したり、成人を装ってアカウント登録したりする方法で)未成年者の利用が制限されているゲームに熱中したり、アイテム課金に多額を費やしたりするリスクが指摘されている。

■当局は「保護者の悩みに応えた」と説明

このため今回の通達では、ゲーム会社に対してユーザー登録時の本人確認を徹底するよう強調した。すべてのオンラインゲームで、実在する有効な身分証明書の情報を入力しなければユーザー登録もログインもできないようにする。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)