去る菅首相がやった仕事「勝手ランキング10選」

去る菅首相がやった仕事「勝手ランキング10選」

新総裁候補の4人にスポットライトが当たり、去って行く菅首相には・・・。だが短期間で「多くの仕事」もした(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

株価が好調だ。日経平均株価は再び3万円台に乗せて、さらに9月14日には31年ぶりの高値をつけた。それもこれも政局の転換に期待してのことである。上昇のピッチを加速させたのは、9月3日に菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を宣言したことがきっかけだ。それが相場活況の原因と考えれば、ご当人の心境はいささか複雑なものがあるかもしれない。

■現職不出馬時の自民総裁選は「必ず盛り上がる」

とはいえ、それ以前の市場の読み筋は、「自民党総裁選挙は不人気な菅さんが楽勝するけれども、その後の総選挙では自民党が大敗し、議席数を大幅に減らす」というものであった。

この場合、菅内閣は日本維新の会など野党に協力を求めつつ、低姿勢の政策運営が続くことが予想された。大胆な新型コロナウイルス対策や、思い切った経済政策が打てるとは思えないので、相場もさえない展開が続くとみるのが自然であった。

ところが、菅さんは総裁選への不出馬を表明してくれた。しかもその直前に、これまた不人気な二階俊博幹事長を「道連れ」にしてくれた。これで一気に情勢が変わった。9月29日に行われる自民党総裁選で誰が勝つにせよ、新総裁はたぶん菅さんよりは人気が出るだろう。実際に、ここ2週間のマスメディアは完全に「総裁選モード」であり、野党の存在感が一気に霞んでしまった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)