意外!腸を汚す「みそ汁」の食べ方、残念すぎる4NG

意外!腸を汚す「みそ汁」の食べ方、残念すぎる4NG

みそ汁組み合わせ"NG食材"も



腸の健康を保つためには「発酵食品」を食べて腸内の善玉菌を活性化することが大切ですが、なかでもみそには「乳酸菌」「麹菌」「酵母菌」といった腸を整える3種類の「善玉菌」が含まれているといわれています。

しかも、「みそ汁」にすれば、こうした「善玉菌」のエサとなる「食物繊維」が豊富に摂取できます。私たちが普段食べているみそ汁は、実は腸にとってメリットがたくさんある料理なんですね。

ところが、「アダムスキー式腸活法」では、そんなみそ汁も「食べ方次第」では腸活効果が薄くなると考えられています。

本来なら腸にいいはずのみそ汁が、ちょっと「組み合わせ」を間違えただけで腸を詰まらせる一因になってしまったら、非常にもったいないですよね。では、その「もったいない食べ方」とは何なのか。

今回は、私たちが知らずにやってしまいがちな「意外な4大NG」について解説します。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)