上海の「学習塾」閉鎖、保護者が計画倒産を疑う訳

上海の「学習塾」閉鎖、保護者が計画倒産を疑う訳

上海の老舗学習塾の「緑光小児教育」は9月3日、教室の閉鎖を突然発表した(写真はイメージ)

9月3日午前、20年近い歴史を持つ上海の老舗学習塾の「緑光小児教育」が教室の閉鎖を突然発表した。我が子を通わせていた数千人の保護者は、苦情の訴え先もなく途方に暮れている。同社が保護者に払い戻していない授業料は、少なくとも数千万元(1元=約17円)に上る模様だ。

緑光小児教育は児童向けの英語教育からスタートし、算数、国語、晩託班(訳注:放課後に児童を預かり宿題指導も行うサービス)などへと業務を拡大。直近は上海で30カ所近い教室を運営していた。

同社はミニブログの微博(ウェイボー)を通じて教室閉鎖を保護者に伝えるとともに、各校舎の担当者が「9月3日午後1時から、未受講分の授業についての(保護者の)申し出に対応する」と説明した。

ところが、それを知った保護者が(自分の子どもを通わせている)緑光小児教育の浦建路校に駆けつけると、すでに教室の入口は閉鎖されていた。そこには「緑光小児教育の職員ではない」と自称する人物が1人だけ待機しており、子どもの氏名、申し込み課目、未消化分の授業数を記入する用紙を保護者に配っていた。教室の職員は全員が姿を消し、授業料払い戻しの見通しに関する返答は得られなかったという。

■教室閉鎖の直前まで追加受講を勧誘

中国では最近、多数の学習塾がドミノ倒しのように倒産に追い込まれている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)