900億円赤字のスルガ銀、遠い再生への道のり

900億円赤字のスルガ銀、遠い再生への道のり

11月14日の決算会見に臨むスルガ銀行の有國社長(記者撮影)

スルガ銀行は11月14日、2018年4〜9月期の最終損益が985億円の赤字に陥ったと発表した。2019年3月期の通期についても、従来計画の250億円の黒字から975億円の赤字へと大幅に見通しを引き下げた。中間配当は見送り、期末配当も「未定」としている。

会社が設置した第三者委員会は9月、シェアハウス向け融資で審査書類の改ざんなど不正が蔓延していたとする報告書を公表。金融庁も10月、新規の投資用不動産向け融資を6カ月停止するなどの厳しい処分を下しており、今回の赤字決算も不正融資にかかる貸倒引当金の大幅積み増しが響いた。

9月末時点のシェアハウス融資残高2034億円のうち、3カ月以上返済が延滞しているローン残高の比率は30%にものぼる。スルガ銀行は今回、新たに947億円の与信費用を計上し、貸倒引当金を累計で1362億円とした。14日に静岡県沼津市で記者会見した有國三知男社長は「かなり保守的に引当を積んだ。担保と併せてほぼ全額保全されている」などと説明した。

■自己資本比率8%は何とかクリア

8月9日に4〜6月期決算を発表した時点で、すでに「今後、業績予想修正の可能性がある」と示唆しており、赤字決算自体は想定の範囲内だった。投資家や業界関係者の関心は、今後どこまで赤字が膨らみ、自己資本比率が低下するかに集まっていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)