「何をやっても続かない人」が言いがちな言葉4つ

「何をやっても続かない人」が言いがちな言葉4つ

いろいろ始めてもなぜか長続きしない…そんな人に多い口癖とは?(写真:jessie /PIXTA)

メンタルコーチングをした星稜高校野球部が甲子園決勝進出を果たし、女子スピードスケート木菜那選手は平昌五輪で2つの金メダル獲得するなど、メンタルコーチとしてビジネスとスポーツの両分野で実績を残してきた飯山晄朗氏。本稿では、『百年メンタル〜心の調子をキープする言葉の取扱説明書』の著者でもある同氏が、結構多い「何をやっても続かない」という人に見られる口癖について解説します。

■言葉遣いを変えて感情をコントロール

「何をやっても続かない」「やる気が出ない」。メンタルコーチングをしていると、多く寄せられる悩みの1つです。こうしたメンタルに関する不安・不調を脱するカギはまず、「自分の感情をコントロールする」術を知ることです。

私はメンタルコーチング歴15年、これまで2万人以上の方と向き合い、脳科学と心理学に基づいたトレーニングによって多くの方のメンタルを改善してきました。メンタルトレーニングというと、「心を強く」というイメージをお持ちかもしれませんが、少し違います。

私が専門とするメンタルトレーニングにおいて、もっとも重要なものは「感情をコントロールすること」であり、「心の安定」を最優先に目指すイメージです。なんらかの状況において、必要以上にプレッシャーを感じるなど、感情がよくない方向に動いたときに、その感情をきちんとコントロールしてよい方向に導くことです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)