元不登校の五輪選手が感謝する親の勇気ある対応

元不登校の五輪選手が感謝する親の勇気ある対応

東京五輪でも活躍した砂間敬太さんは、小学4年生から中学校3年生まで不登校だった経験を持つ(写真提供:イトマンスイミングスクール)

小中学校に通う児童生徒の不登校は増加の一途だ。近年は不登校への理解が進み、「無理に学校に行かなくていい」というメッセージを多く目にするようになった。それでも当事者や保護者としては、「学校に行かない」の先について漠然とした不安を抱えるケースが多いのではないだろうか。

元不登校児はどんな道を歩んでいるのか。子どもの不登校に悩む大人に伝えたいことは――。五輪スイマーら、不登校経験のある若い世代のエピソードを紹介する。

今夏の東京五輪、競泳男子200メートル背泳ぎで準決勝進出を果たした砂間敬太さん(イトマン東進)は、ジュニアの頃からつねに全国トップスイマーとして活躍してきた。砂間さんは小学4年から中学3年までの6年間、ほぼ学校に行かなかった。 

水泳を始めたのは3歳のころ。順調に記録を伸ばしていたが、小学4年のときに不登校になり、通っていたスイミングスクールも辞めた。「子どもながらに、学校に行かないのに水泳だけやってちゃダメだと思った」。砂間さんの才能を惜しんだコーチの説得により5年生でプールに戻り、6年生のときには初めて全国タイトルを獲得した。

学校に行かなくなったきっかけは、はっきり覚えていない。明るい性格で運動能力が高い人気者タイプ。勉強も嫌いではなかった。少し休んで学校に行くと、どうして休んだのかと詮索されるのが嫌だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)