李嘉誠氏の「長江実業」、上海の大型不動産を売却

李嘉誠氏の「長江実業」、上海の大型不動産を売却

香港の不動産大手の長江実業集団は、上海で開発した大型複合ビルを同業大手の希慎興業に売却する(写真はイメージ)。

香港の不動産大手の長江実業集団(CKアセットホールディングス)が、上海で開発した大型複合ビルを香港の同業大手の希慎興業(ハイサン・デベロップメント)に売却することがわかった。9月17日、希慎興業が投資家向けの情報開示で明らかにし、長江実業も事実を認める声明を出した。

長江実業は、香港の著名実業家で大富豪の李嘉誠氏が創業した複合企業グループの中核企業の1つだ。李氏は現在も同社の上級顧問を務める。

今回売却するのは、オフィスビルと商業施設の複合開発プロジェクトである「世紀盛薈広場(シティーリンク)」。上海市静安区の新閘路と大田路の角地という好立地にあり、敷地面積は1万4500平方メートル、総建築面積は9万平方メートルを超える。

長江実業は世紀盛薈広場の開発を中国企業と共同で手がけ、全体の権益の60%を保有する。希慎興業の開示情報によれば、同社は世紀盛薈広場を35億元(約595億円)で取得予定であり、長江実業は売却を通じて21億元(約357億円)を手にする計算だ。

■「中国不動産市場の将来に自信」と説明

「世紀盛薈広場の取得は戦略的な長期投資だ。わが社の不動産物件の規模を拡大して、中国本土でのビジネスを多様化させる。それにより安定的な賃料収入を確保することで、株主価値の向上につなげる」。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)