米Appleを衰退させる「残念な企業文化」の中身

米Appleを衰退させる「残念な企業文化」の中身

Appleのティム・クックCEO(写真:Jonathan Cherry/Bloomberg)

テックジャイアントと呼ばれるGAFAM、すなわちグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフトは誰もが知る巨大企業だ。一見、順風満帆に見える5社だが、その中でアップルの未来に関して懸念を示すのが「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーターであるアレックス・カントロウィッツ氏だ。

同氏の近著『GAFAMのエンジニア思考』より、アップルの現状と未来に関する分析を紹介する。

■アップル衰退の兆し

アップルが特別な扱いをしている人物に、ユーチューブのスターで、1000万を超える登録者数を誇るマルケス・ブラウンリーがいる。

歯切れのよい最新テクノロジーの製品レビューを行うブラウンリーは現在、一般社会におけるテクノロジー企業のイメージをかたちづくる新しいインフルエンサーである。

ブラウンリーはアップルの製品発表イベントの常連ゲストであり、経営トップたちと会うことも許されている代わりに、肯定的なレビューでアップルに大きな見返りを与える。そんな関係性だった。

しかし、2018年2月、新しいスマートスピーカーであるアップルのホームポッドを取り上げたブラウンリーのレビューは驚きだ。

ホームポッドは、グーグルホームやアマゾンエコーに対する待望のアップルからの答えだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)