「Apple Watch」新OSでさらに使い勝手が超進化

「Apple Watch」新OSでさらに使い勝手が超進化

アクセシビリティに隠されたApple Watchの利便性を上げる機能を紹介していく(筆者撮影)

ディスプレーが大型化してデザインを変え、耐久性も増した「Apple Watch Series 7」が、10月15日に発売される。iOS 14.5で、Apple Watch着用時だとマスクでもFace IDを解除できる機能が搭載されたこともあり、新モデルに注目している人は多いはずだ。新モデルの登場に先立つ形で、既存のApple WatchにもwatchOS 8の配信が9月20日に始まった。ワークアウトや精神統一をするための「マインドフルネス」が追加されたほか、時計の顔である文字盤のバリエーションも増えている。

また、先行的にアナウンスされていたアクセシビリティのジェスチャー操作が加わったのも、watchOS 8からだ。この機能を使うと、Apple Watchにもう一方の手を触れることなく、片手のジェスチャーだけで操作することが可能になる。本来は、体の不自由な人に向けた機能だが、Apple Watchを片手で操作したくなるシーンは意外と多い。この機能は、設定次第でさまざまなユーザーの役に立つ。

同様に、Apple Watchのアクセシビリティ内には、さまざまな便利機能が搭載されている。この設定を見直すことで、Apple Watchを一歩踏み込んで活用できる。普通に使っているだけだとなかなか開くことのない設定メニューこそ、OSアップデート時に改めて見直す価値がある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)