「MAZDA 3/CX-30」発売2年で明暗わかれた理由

「MAZDA 3/CX-30」発売2年で明暗わかれた理由

aaa

マツダが「新世代商品」として発売しているのが「MAZDA3」と「CX-30」、そして「MX-30」だ。MAZDA3は2019年、CX-30は2020年、そしてMX-30は2021年と連続してデビューしている。今回はデビュー後2年となるMAZDA3と、1年後となるCX-30の成績を振り返りたい。

マツダの新しい時代を担う“新世代商品”の第1号として、MAZDA3は2019年5月24日より日本国内での発売が開始された。

MAZDA3という名は国内初だが、先代まで「アクセラ」と名乗っていたCセグメントのハッチバック/セダンがフルモデルチェンジにより名称変更を行ったもので、そのルーツは昭和の時代に大ヒットした「ファミリア」にある。

新世代商品と銘打つだけあって、デザインやメカニズムが大幅に進化しているのが特徴だ。2020年の「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、特にデザイン面での評価が高い。

シンプルかつモダンな印象のデザインは、「日本の美意識に基づく引き算の美学」から生まれたとマツダは説明する。





また、圧縮着火を基本とする先進の「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を実用化した「スカイアクティブX」エンジンを採用したのもMAZDA3のトピック。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)