「消防士は火事の予知夢を見る」説の本当の理由

「消防士は火事の予知夢を見る」説の本当の理由

予知夢を見たことがありますか?(写真:coffee7 / PIXTA)

「悪夢をみないようになれる?」
「予知夢ってある?」

夢は誰もが見るものの、謎多き存在ではないでしょうか。

新著『夢を読み解く心理学』では、心理学の先生と3人の教え子A、B、Cとの会話形式で、そうした「謎」を解説しています。本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

■夢には「パターン」がある?

A じつは私、いま夢日記をつけているのですが、その話をすると、「夢と現実の区別がつかなくなってこない? おかしくならない?」と友だちに心配されるんです……(笑)。そんなことってほんとうにあるんでしょうか?

先生 いやいや、通常はそんなことはないわよ。むしろ、自分の夢の法則性、規則性に気づく人が多いのではないかな。

A そう! まさに。実際に夢日記をつけはじめると、「おぼえておこう!」と夢に対して自覚的になる。そうやって日々生きてみると、そのパターンに気づくんですよね。

先生 自分がいまなにを気にしているのか、意識下で完全に処理できていなかったヒトやコトが夢にでてきたりね。

A 基本的に、夢にでてくる人物や光景の大部分は前日とか少しまえにみた人やものなんです。ただたまに、現実世界で会ったことも、みたこともない顔の人が夢にでてくる気がするんですよ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)