グーグル社内の「風通し」が圧倒的にいい理由

グーグル社内の「風通し」が圧倒的にいい理由

アメリカ・シリコンバレーにあるグーグルオフィスビル(写真:Sundry Photography/iStock)

GAFAMと呼ばれる5社(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)に代表される世界的なアメリカの主要IT企業は、いったいどのようにトップに上り詰め、その地位を確保しつづけているのか。

「バズフィード・ニュース」のテクノロジー担当シニアレポーターであるアレックス・カントロウィッツ氏は、130回以上のインタビューを重ね、長年にわたってこれらの企業を研究し分析する中で、共通する成功法則が見えてきたという。

氏の近著『GAFAMのエンジニア思考』より、グーグルの事例をピックアップし、解説する。

■最初は「検索の会社」だった

グーグルは明らかに現代世界を支配する企業である。しかしそのグーグルでも、たったひとつの製品の収益だけでは、現代の移り変わりの速いビジネス界についていけない。顧客の嗜好の変化に後れをとらないために、グーグルは自身はもとより、特に検索の変革を繰り返してきた。「検索の会社」グーグルは、数多くの進化をくぐり抜けてきたのだ。

グーグルは最初はウェブサイトとして始まったが、マイクロソフトがインターネット・エクスプローラー(IE)へのグーグルの組み込みを止めると、クロームでブラウザに変身した。そしてウェブの利用がパソコンからモバイルへと移ると、検索を中核としたモバイルOS「アンドロイド」を開発して再び自身を変革し直した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)