中国CATLが南米のリチウム開発権を「奪取」した訳

中国CATLが南米のリチウム開発権を「奪取」した訳

南米のアルゼンチンには隣国のチリなどに並ぶ豊富なリチウム資源がある。写真はCATLが開発権を取得したパストス・グランデス塩湖(ミレニアル・リチウムのウェブサイトより)

中国の車載電池最大手の寧コ時代(CATL)が、南米アルゼンチンのリチウム塩湖の資源開発権を、先に契約していた別の中国企業から「奪取」したことがわかった。この塩湖の開発権を持つカナダ企業のミレニアル・リチウムが、9月28日に発表した。

ミレニアル・リチウムは、アルゼンチンにおいて「パストス・グランデス」と「カウチャリ ・イースト」という2つのリチウム塩湖の開発権を保有する。同社は7月16日、自社の100%の株式を最大3億5300万カナダドル(約310億6000万円)で中国のリチウム大手、?鋒?業(ガンフォンリチウム)に売却する契約に署名していた。

ところがCATLは9月8日、ミレニアル・リチウムに対してガンフォンリチウムより6.8%高い3億7700万カナダドル(約331億7200万円)の買収金額を提示。さらに、ガンフォンリチウムへの違約金1000万ドル(約11億1350万円)も負担すると申し出て、身売り先の変更を求めた。そして、ミレニアル・リチウムは最終的にこの提案を受け入れたのだ。

■資源の品位より開発スピードを重視か

公開情報によれば、パストス・グランデス塩湖のリチウム資源量は炭酸リチウム換算で412万トン、リチウム濃度は1リットル当たり427ミリグラムとされる。一方、カウチャリ・イースト塩湖はまだ資源調査の初期段階にあり、(アルゼンチン政府に対して)ボーリング調査の許可を申請中だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)