日本人が自民党だけを選び続けてきた2つの理由

日本人が自民党だけを選び続けてきた2つの理由

ジャーナリストの田原総一朗氏が自民党長期政権の本質に迫る(写真は2018年、撮影:尾形文繁)

第49回衆議院議員総選挙が近づいてきた。

「日本では政府がいくら批判されても、自民党に代わって、政権を奪う力のある党がない。そう思うから自民党議員たちにも緊張感が生まれない。国を動かす議員たちに緊張感なくして、国民には緊張感を持てというのか──」

なぜ日本人は自民党だけを選んできたのか。ジャーナリスト・田原総一朗氏の新刊『自民党政権はいつまで続くのか』より、一部を抜粋・再構成してお届けする。

■自分の身体に合わせた洋服をつくるのは上手ではない

国民の多くは、なぜ自民党政権をこれほど長期間支持し続けているのだろうか。その要因について僕は、次の2つだと捉えている。

1つは、安全保障である。

実は自衛隊が創設されたのは、1954年で、自民党が発足したのが、1955年である。

憲法では9条2項で「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と書いてあるが、自衛隊は戦力も交戦権を有していて、明らかに憲法と矛盾している。

そこで、自民党の初代首相、鳩山一郎は、「自主憲法」をつくるべきだと主張し、実現はできなかったが、岸信介首相も憲法改正を強く訴えた。

ところが、それ以後の池田勇人、佐藤栄作の両首相とも、憲法改正を全く考えていないようだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)