ラーメン好きな人も知らない「味の地域性」の深奥

ラーメン好きな人も知らない「味の地域性」の深奥

東京都内にも、とんこつラーメンを出す店は多い(筆者撮影)

朝夕は肌寒く、ラーメンが食べたくなる季節が近づいてきた。好みの味は人それぞれだが、今回はラーメンの味覚を「地域文化」の視点でみていきたい。

コロナ以前、札幌取材の際に現地を歩いて気になる光景があった。せっかくなのでご当地ラーメンを食べようと思ったが、以前よりも味噌ベースの店が減り、とんこつベースの店が増えたと感じたのだ。お気に入りの味噌ラーメン店(道内資本)が閉店した時もあった。

札幌市は人口約200万人、ラーメンの聖地で各地の味も集まるが、とんこつベースといえば九州発祥だ。どんな理由でこうなったのだろうか。専門家の意見を踏まえて考えた。

■実は札幌ラーメンは、とんこつベース

まずは「とんこつ味が札幌で存在感を高めているのではないか?」を聞いてみた。

「札幌で存在感を高めたとはいえません。実は、もともと札幌はとんこつラーメンの文化です。ご当地の味噌味やしょうゆ味もベースはとんこつが多い。味噌やしょうゆがブレンドされるので、ラーメンの種類では味噌ラーメンやしょうゆラーメンとなるのです」

ラーメン評論家としても活動する大崎裕史さん(ラーメンデータバンク会長、日本ラーメン協会副理事長)はこう話す。「出汁の基本はとんこつ、とり、煮干し」だという。

さらに「大きく分けて、東日本は煮干しのしょうゆベースで、ちぢれ麺も多い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)