米英豪の新たな安全保障連携に見た可能性と矛盾

米英豪の新たな安全保障連携に見た可能性と矛盾

インド太平洋秩序形成の中で形成されたAUKUS、その可能性と矛盾とは?(写真:Stefani Reynolds/Bloomberg)

米中貿易戦争により幕を開けた、国家が地政学的な目的のために経済を手段として使う「地経学」の時代。

独立したグローバルなシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)」の専門家が、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを、順次配信していく。

■オーストラリアの原潜はまだまだやって来ない

アメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で新たな安全保障パートナーシップを形成し、アメリカ・イギリス両国がオーストラリアに対して原子力潜水艦の技術を供与することになった。AUKUS(豪・英・米:オーカス)である。厳重に情報管理された秘密交渉を経て突如なされた2021年9月15日の発表は、世界を驚かせた。これによってオーストラリアとの潜水艦契約を破棄されたフランスが激しく反発したのは当然である。

ただし、議論の出発点として忘れてはならないのは、今回の発表は原潜計画を進める意図の表明にすぎず、詳細は今後18カ月をかけて練られるということだ。

今後すべてが順調に進んでも、「少なくとも8隻」とされるオーストラリアの原潜がすべて整い、完全な運用態勢に到達するのがいつになるかは、見当すらつかない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)