ビジネスSNS「リンクトイン」、中国版の提供停止

ビジネスSNS「リンクトイン」、中国版の提供停止

リンクトインは、欧米の大手インターネット企業のなかで中国でのサービスを継続してきた数少ない1社だった(写真は同社の中国版ウェブサイトより)

世界最大級のビジネス向けSNS(交流サイト)を運営するアメリカのリンクトインが、中国国内向けのサービスを停止することが明らかになった。

「わが社は従来の戦略を変更し、『転職機会』の提供に集中することを決めた。ユーザーによるオリジナル・コンテンツ配信やユーザー同士の相互交流の機能は廃止する」。10月14日、リンクトイン中国の総裁(社長に相当)を務める陸堅氏は、中国の登録ユーザーに宛てたメールの中でそう述べた。

同じく10月14日、リンクトインは英文版の公式ウェブサイトで、2021年末までに中国向けの新サービス「InJobs(インジョブズ)」をリリースすると発表した。インジョブズは中国専用に新開発された(リンクトインから)独立した転職アプリで、グループ交流機能やユーザー投稿の共有機能は実装されないという。

リンクトインは2003年にカリフォルニア州のシリコンバレーで誕生し、転職情報サービスとユーザー同士の交流機能を併せ持つSNSとして、独自の地位を築いてきた。ユーザーは個人のページで履歴書を公開したり、文章や画像などをタイムラインに投稿したり、ほかのユーザーとメッセージをやりとりしたりすることができる。

■中国の「水が合わない」という苦難も

2011年にニューヨーク証券取引所に上場したリンクトインは、2016年にアメリカのマイクロソフトに262億ドル(約2兆9747億円)で買収され、その傘下に入った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)