女子野球がゆるやかな上下関係を大切にする理由

女子野球がゆるやかな上下関係を大切にする理由

履正社高校女子野球部の橘田恵監督(写真:筆者撮影)

「『野球は男のスポーツ』壁を打ち破った彼女の決断」に続き、元侍ジャパン女子代表監督で、履正社高校女子野球部の橘田恵監督のこれまでの軌跡を紹介します。

オーストラリアと日本でプレーをする生活を続けて2シーズン目、橘田恵は23歳で現役を引退し、指導者の道を歩むことを決心する。

「日本に帰ると花咲徳栄高校が女子野球の指導者を探していました。選手としてはそろそろ潮時だと思っていたので受験しました。教員免許を持っていたので、翌年4月に体育教員、女子硬式野球部のコーチに就任しました」

しかし花咲徳栄での2年間で、橘田は限界を感じるようになった。

「選手としては、いろいろなところでプレーしてきましたが、指導者の経験はありませんでした。それまでの私は、野球が好きなだけの人間だったんですね。ノックを打つことはできても、教えられることが少なかったし、みんな自分の型にはめようとしていました。選手たちの実力差も大きかったのですが、彼女たちのレベルに合わせた指導もできませんでした」

そこで鹿屋体育大学の大学院に進んだ。同時に、仙台大学時代の恩師が南九州短期大で女子野球チームを作ることになったのでコーチになった。大学院で学んだことを、女子野球チームのコーチとして実践することにしたのだ。選手兼任コーチとして1年、引退してコーチで1年、3年目には監督に就任。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)