イスと机の「高さ」軽視する人が痛い目に遭う理由

イスと机の「高さ」軽視する人が痛い目に遭う理由

机と椅子の正しい"高さ"解説

イスと机の「高さ」軽視する人が痛い目に遭う理由

naka / PIXTA

テレワークになって、なんか身体の調子が悪い」
「うちは狭いからテレワークに不向き」
「テレワークではONとOFFのメリハリがうまくいかない」

こうした悩みを、少しインテリアを工夫すれば解決できるかもしれません。

新著『光とインテリアで整う 最高のテレワーク空間』では、インテリアデコレーターで医療系の大学院で公衆衛生を学ぶ著者が、最高のテレワーク空間をつくるためのルールを紹介しています。

本稿では、前回に続き同書から一部抜粋・編集しお届けします。

前回:『在宅勤務がグンとはかどる部屋作りのルール5つ』

■机と椅子の正しい「高さ」とは? 

私はオンラインで「テレワーク環境改善のカウンセリング」を行っています。そのなかで大切にしているのが、自分の身体に合った椅子と机の選び方、そして調整の方法です。正しい姿勢を保つための椅子選びには、「差尺(さじゃく)」の確認も欠かせません。差尺とは、机の天板の高さと、椅子の座面までの高さの差のこと。

ここでの椅子の座面までの高さは、坐骨のあたる位置(座位基準点)を目安にします。

椅子は形状によって、前方に向かってやや高くなっているものが多いのですが、一般的にカタログに記載されているSH(シートハイ)とは、椅子の前方中央の一番高い点を指しています。ポイントは、差尺の目安になるのはSHではなく座位基準点だということです。座位基準点のおおよその位置は、椅子の背と座が交差する位置から、1/3あたりです。クッション性の高い椅子の場合、SHと座位基準点に差があるので、注意が必要です。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)