ファーウェイ、「売上激減」なのに大幅増益の底力

ファーウェイ、「売上激減」なのに大幅増益の底力

アメリカ政府の制裁が続くなか、ファーウェイは生き残りをかけた自己変革に全力を注ぐ(写真は同社ウェブサイトより)

中国の通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は10月29日、2021年1〜9月期の業績を発表した。第3四半期(7〜9月期)のみの業績は開示していないが、過去の業績データから計算すると、7〜9月期の売上高は1354億元(約2兆4034億円)と前年同期比37.7%も減少した。

なお、第1四半期(1〜3月期)の売上高は前年同期比16.5%減の1522億元(約2兆7016億円)、第2四半期(7〜9月期)は同38.1%減の1682億元(約2兆9856億円)であり、3四半期連続で大幅減収が続いている。

しかし注目すべきなのは、7〜9月期の純利益が151億元(約2680億円)と、前年同期比26.5%の大幅増益を達成したことだ。今回発表した業績について、ファーウェイの輪番董事長(会長に相当)を務める郭平氏は次のように総括した。

「全体的には想定の範囲内だ。コンシューマー向け事業が大きな打撃を被ったものの、法人向け事業は安定的に推移した。ファーウェイは引き続き研究開発投資を増やし、優秀な人材を採用し、経営効率を高めていく」

ファーウェイの売り上げ激減の主因は、コンシューマー向け事業の中核だったスマートフォン事業の急激な縮小だ。アメリカ政府の制裁強化により、ファーウェイは2020年9月15日以降、スマホ用の最先端の半導体を調達するのが困難になった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)