「医療従事者にワクチン義務化」の英国に潜む懸念

「医療従事者にワクチン義務化」の英国に潜む懸念

イギリスでは医療従事者などへの3回目の接種も始まっている(写真:PA Images/アフロ)

欧州は今、新型コロナウイルスの感染再拡大に見舞われ、緩めた感染防止対策の引き締めに舵を切っている。世界保健機関(WHO)欧州地域事務局のハンス・クルーゲ事務局長は「われわれは再び(感染の)震源地にいる」と述べ、原因としてマスクや接触制限などの感染防止対策の緩和と、ワクチン接種が行き届いていないことを指摘した。

今、欧州の街を歩くと、多くの国々ではマスク着用者は少なく、コロナ前の日常に戻っている感は強い。イギリスのジョンソン首相は「感染者はいても重症化していない」と主張している。

だが、イギリスの直近1週間の平均新規感染者数は11月10日時点で3万3477人。10月のピーク時の7日間平均の4万7209人からは減少しているものの、今年8月以降、高止まりを続けている。このまま減少するかは専門家の間でも意見が分かれているが、急速な減少は望めないとの見方が強い。

この状況に国民医療サービス(NHS)の医療現場は、危機感をあらわにしている。イギリスではイングランドの医療従事者のワクチン未接種者が約10万人いると見られる。

■ワクチン義務化で医療スタッフが不足する可能性

ジャビド保健相は11月9日、イングランドにあるNHS所属の病院で働く医療従事者に対して、ワクチン接種を義務づけると発表した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)