テスラがリチウムの「直接購買」に乗り出す背景

テスラがリチウムの「直接購買」に乗り出す背景

テスラが電池材料の直接購買に乗り出した背景には、右肩上がりが続くリチウムの価格高騰がある。写真は同社の上海工場の生産ライン(テスラの投資家向け広報資料より)

アメリカのEV(電気自動車)大手のテスラが、車載電池の製造に不可欠なリチウムの調達を、原料メーカーからの直接購買に切り替えることがわかった。11月1日、中国のリチウム製品大手の?鋒?業(ガンフォンリチウム)は、電池向け水酸化リチウムのテスラへの供給契約を更新したと発表。契約期間は2022年1月1日から2024年12月31日までの3年間だ。

テスラと?鋒?業は2018年から協力関係にあり、更新前の契約では、テスラが指定する電池メーカーに?鋒?業が水酸化リチウムを供給する形式になっていた。しかし更新後の契約では、テスラが?鋒?業から水酸化リチウムを直接購入(して電池メーカーに供給)する形式に改められた。

「調達方法を変更した狙いは、電池材料の価格交渉権を自ら握ってコストを制御することにある」。EV業界に詳しい調査会社のアナリストは、テスラの思惑をそう分析する。

■リチウム価格は年初の4倍に高騰

背景には、2021年に入ってから右肩上がりが続くリチウムの価格高騰がある。非鉄金属の情報サービス会社である上海有色網のデータによれば、11月2日時点の電池向け水酸化リチウムの市場価格は1トンあたり19万4000元(約345万円)と、年初比で4倍に上昇した。

原料メーカーからの直接購買は、実はテスラが先駆者ではない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)