旧車を電動化「コンバートEV」事業者が増える訳

旧車を電動化「コンバートEV」事業者が増える訳

チンクエチェント博物館のプロデュースによるフィアット「500ev」(筆者撮影)

2021年度のグッドデザイン賞で、古いクルマをEV(電気自動車)にコンバートするオズモーターズの取り組みが、グッドデザイン金賞を受賞した。

筆者も審査委員を務める今年度のグッドデザイン賞は、10月20日に発表され、過去最多となった5835件の審査対象の中から、こちらも過去最多となる1608件もの受賞が決定した。

これだけ見ると「数が多い」と思うかもしれないが、オズモーターズが受賞したグッドデザイン金賞は、日用品、家具、建築などすべての分野を合わせてわずか19件しかない。その1つに入ったのだから、評価の高さが理解できるだろう。

しかしながら、日本でEVコンバージョンを手がけているのは、オズモーターズだけではない。アメリカなどで以前から盛んだった取り組みが、ここへきて日本でも広まりつつあるからだ。

その中から3つの事業者を取材したので、それぞれの取り組みを紹介していくことにする。

■素材を「古い車」にこだわる三者三様の理由

まずは、グッドデザイン金賞を受賞したオズモーターズから。

オズモーターズは、代表取締役の古川治氏が1993年に神奈川県で創業した自動車技術開発企業、オズコーポレーションの事業の1つで、EVコンバージョンは約10年前に始めたという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)