中国「自動運転ベンチャー」にトヨタが出資した訳

中国「自動運転ベンチャー」にトヨタが出資した訳

モメンタには世界の自動車大手がこぞって出資しており、2016年の創業から集めた資金は1370億円を超える(写真は同社ウェブサイトより)

中国の自動運転スタートアップのモメンタ(Momenta)は11月4日、シリーズCの追加ラウンドで5億ドル(約570億円)を調達したと発表した。これにより、シリーズC全体の資金調達額は10億ドル(約1140億円)を突破。リード投資家には中国の国有自動車大手の上海汽車集団、アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)、日本のトヨタ自動車、ドイツの自動車部品大手のボッシュなど、世界の自動車業界の著名企業が名を連ねた。

過去の調達額を含めると、モメンタが2016年の創業から集めた資金は12億ドル(約1370億円)を超える。初期の投資家リストにはドイツのメルセデス・ベンツや、中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)を創業した雷軍氏が率いる投資会社の順為資本などが含まれる。

モメンタは自動運転技術の開発に特化しており、提携先の自動車会社にそれを提供している。同社の技術を最初に搭載する市販車は、上海汽車集団が中国のITサービス大手の阿里巴巴集団(アリババ)と共同で立ち上げた新ブランドのスマートEV(電気自動車)「智己L7」だ。すでに2021年4月から販売予約を受け付けており、2022年の納車開始を目指している。

その他の自動車メーカーとの提携車種も、その後続々と発売される予定だ。モメンタによれば、量産された多数の自動運転車が日々大量の走行データを収集することで、同社のシステムやアルゴリズムをさらにレベルアップできるという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)