中国テンセント「10年来初の減益」に陥った事情

中国テンセント「10年来初の減益」に陥った事情

破竹の勢いで拡大し続けてきたテンセントの業績に、中国政府の規制強化が影を落とし始めた。写真は深?市の本社ビル(テンセントのウェブサイトより)

中国のネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は11月10日、2021年7〜9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比13%増の1423億7000万元(2兆5248億円)と2桁増収を維持。国際会計基準の純利益は同3%増の395億1000万元(約7007億円)だった。

特筆すべきなのは、投資収益や無形資産の償却などを控除・調整した非国際会計基準の純利益が、過去10年間で初の減益を記録したことだ。7〜9月期の調整後純利益は317億5000億元(約5631億円)と、直前の4〜6月期を7%、前年同期を2%それぞれ下回り、アナリストの予想平均値の323億5000万元(約5737億円)にも届かなかった。

今回の四半期決算から、テンセントは主力事業の1つであるオンラインゲームについて、中国本土市場と海外市場の売上高を個別に開示するようになった。そのうち中国本土では、中国政府による未成年のゲーム依存症防止対策が重しになり、7〜9月期のゲーム売上高は336億元(約5959億円)と前年同期比5%の低い伸びに終わった。

(訳注:中国政府のゲーム規制の内容については『中国政府が未成年のゲーム「週3時間」制限の衝撃』を参照)

■ゲームだけでなく広告にも政策の余波

一方、海外市場のゲーム売上高は113億元(約2004億円)と、前年同期比20%の高い伸びが続いた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)