フィリピン大統領選で異色のコンビが有力に

フィリピン大統領選で異色のコンビが有力に

11月15日、ドゥテルテ大統領の娘・サラ氏が大統領候補になることを訴えるサラ氏の支持者たち(写真・EPA=時事)

2022年5月に投開票されるフィリピン大統領選の構図が固まった。各世論調査でトップを走るのは、21年に渡り圧政を敷いた故フェルディナンド・マルコス元大統領の長男ボンボン・マルコス元上院議員だ。1986年の政変で一家が国を追われてから35年。マラカニアン宮殿への凱旋を夢見てきた母イメルダ夫人の執念は実るか。「ピープルパワー」で独裁者を放逐した国民は、息子を再び迎え入れるのか。これから半年、ドゥテルテ現大統領一家を巻き込んだ政治ドラマが展開される。

■現職大統領一家のドタバタ劇

ボンボン氏が本命に躍り出たのは、現大統領の長女サラ・ドゥテルテ・ダバオ市長が大統領選への立候補を見送り、副大統領候補としてタグを組むことを決めたからだ。それまではサラ氏が大統領選の世論調査で一貫して首位を独走していた。

最終的な立候補締め切りの2021年11月15日までドゥテルテ家を中心に権力闘争劇が続いた。ダバオ市長再選をめざすと言い続けていたサラ氏は11月9日、市長候補の座をドゥテルテ家の次男セバスチャン同副市長に譲ったうえで、父親の所属政党とは違う政党LAKAS―CMDに入党し、11月13日に副大統領選へ届け出た。

これに対してドゥテルテ大統領陣営は、副大統領選に立候補していた側近のボン・ゴー上院議員を大統領選の候補に鞍替えさせた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)