インドのIT産業「カーストは無関係」の大誤解

インドのIT産業「カーストは無関係」の大誤解

インドといえばIT産業というイメージが強くなった理由とは……?(写真:SeventyFour/PIXTA)

13億人がうごめくインドで、理不尽なカースト制度や広がり続ける格差にもひるまず生き抜く人々。彼ら彼女らの“レジリエンス=たくましさ”の秘密に、気鋭の社会人類学者である池亀彩さんが迫りました。本稿では「IT産業とカースト」について新著『インド残酷物語 世界一たくましい民』より一部抜粋・再構成してお届けします。
(前回:『インドのカースト「ただの階級でない」意外な真実』)

■なぜインドでIT産業が盛んになったのか

インドといえばIT産業と思われる方も多いだろう。インドといえば貧困というのが、私がインドに行き始めた1990年代ぐらいまでの一般的なイメージだったから、ずいぶんと地位向上したものである。

インドでIT産業が盛んになった理由として、まったく新しい産業なのでどんなカーストの出身者でも活躍できるから、という理屈を日本でも何度か耳にしたことがある。実際インドのIT産業自体が「カーストなどの出自とは無関係に個人の能力のみが評価される」と自己定義してきたのだから、日本人がそう思っても不思議ではない。

では本当に低カーストやダリト出身の人たちもIT産業で活躍しているのだろうか?

インドのIT産業は、1980年代にアメリカのシリコンバレーで働いていたインド人ソフトウェア技術者たちが母国に戻り、アメリカの企業の下請け的な仕事を安価で請け負い始めたことに始まる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)