シャンシャン中国行き12月期限、結局いつ見納め?

シャンシャン中国行き12月期限、結局いつ見納め?

2021年11月8日のシャンシャン(写真:公益財団法人東京動物園協会提供)

上野動物園(東京都)で生まれたシャンシャン(香香)が中国へ行く期限を来月末に迎えます。コロナ禍で規制があるなか、期限までにシャンシャンは日本を発つのでしょうか。

雌のジャイアントパンダのシャンシャン(香香)が中国へ行く期限の2021年末まで1カ月ほどに迫った。

パンダの保護研究で協力する東京都と中国野生動物保護協会(CWCA)の取り決めで、シャンシャンの所有権は中国にあり、「満24カ月齢時」に返還するとしていた。

「24カ月齢」は2019年6月だが、シャンシャンの日本滞在を望む声が強く、都とCWCAが協議して、返還期限を2020年12月31日に設定。上野動物園は同年10月から「Thank youシャンシャン」と題した数々の記念商品を販売した。

だが返還期限は2021年5月31日、2021年12月31日と延長を重ねた。理由は、新型コロナウイルス禍による中国の入国制限。日本に限らず、中国国外から中国の飼育施設へパンダを運ぶ場合、それまでパンダを飼育していた中国国外の施設の飼育員や獣医師がずっと同行するのが一般的だ。中国入国時にホテルへ隔離されると、それができない。

果たして、返還期限は再び延長されるのだろうか。

■シャンシャンは「もう4歳」

東京都建設局公園緑地部の中田英壽動物園計画担当課長は「中国側と相談しながら、返還に向けて、いろいろなところと調整を進めています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)