「最低すぎる母親」から少女を救った意外な人物

「最低すぎる母親」から少女を救った意外な人物

「いつか誰かが助けに来る」と思って待っていた幼少期──そのときの自分を救うのは……?

刑務所の仮釈放者や少年院の仮退院者ら、保護観察処分を受けた人たち。

その更生を支援する人たちがいます。それが、非常勤の国家公務員・保護司です。

阿川佳代は、コンビニエンスストアでのアルバイトと新聞配達をして生活費を稼ぎながら、保護司として働いています。

何らかの罪を犯した後、刑期を終えて出所してきた人々と向き合う日々の中、彼女が直面する“想定外の出来事”とは。また、一筋縄ではいかない彼らの、はたからは簡単には窺い知ることのできない心の内とは──。

漫画『前科者』(小学館)より抜粋してご紹介します。

1

関連記事(外部サイト)