東南アジア最大「未公開IT企業」が1500億円調達

東南アジア最大「未公開IT企業」が1500億円調達

GoToはライドシェア、ネット通販、スマホ決済など多様なサービスを手がけている(写真は同社ウェブサイトより)

インドネシアのネットサービス大手のGoTo(ゴートゥ)は11月11日、13億ドル(約1474億円)の資金調達を完了したと発表した。同社は2021年5月、配車サービス大手のゴジェックと電子商取引(EC)大手のトコペディアが合併して発足したインドネシア最大のインターネット企業だ。

GoToは東南アジア最大の未公開IT企業でもあり、近い将来のIPO(新規株式公開)を計画している。今回の資金調達ラウンドの投資家リストには、中国からプライベート・エクイティ・ファンドの春華資本(プリマベーラ・キャピタル)とネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)の2社が名を連ねた。

中国以外の主な投資家は、アラブ首長国連邦のソブリン・ウェルス・ファンドであるアブダビ投資庁(ADIA)の子会社や、シンガポールの政府系投資ファンドのテマセク・ホールディングス、テマセク傘下のオルタナティブ投資ファンドのシータウン・マスター・ファンド、マレーシアの政府系投資ファンドのペルモダラン・ナショナルなど、そうそうたる顔ぶれだ。

■中国ネット企業のノウハウ注入へ

GoToの開示情報によれば、同社のプラットフォームを通じて行われた2020年の取引件数は18億件に上り、取引総額は220億ドル(約2兆4939億円)を超える。今回の資金調達について、同社のアンドレ・スリスティヨCEO(最高経営責任者)は「インドネシアと東南アジアのデジタル経済は急速に発展している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)