「悟空のきもち」子供の発想をビジネス化するワケ

「悟空のきもち」子供の発想をビジネス化するワケ

子どもが主人公になってビジネスや社会を活性化する企業、悟空のきもち THE LABO。10月に発表された「宇宙人ホテル」では、小田原市の温泉ホテルを舞台に、“宇宙人”である子どもたちが宿泊客を迎え、“発想のシャワー”でおもてなしする(写真:悟空のきもち THE LABO)

“子どもには無限の可能性がある”というキャッチフレーズは、“だから大人は応援しなければならない”という文脈で使われることが多い。

しかし、子どもの可能性をそのままビジネスチャンスにつなげるユニークな会社がある。

仕掛けるのは、66万人キャンセル待ちのヘッドスパ、「悟空のきもち」の実験ブランドとして誕生した、株式会社悟空のきもち THE LABO(以下、THE LABO)である。

■12歳〜21歳の子どもたちが主体

同社の事業内容は、子どもの豊かな発想力に着眼したサービスや商品の企画だ。面白いのは、プロジェクトに参加する12歳〜21歳の子どもたち自身が主体となって、ビジネスを進めていくそのプロセスである。プロジェクトごとに参加人数は異なるが、全体で20〜30人の子どもたちが名を連ね、神奈川県小田原市にあるホテルを拠点に活動している。

同社が手がけた商品の中には大きな話題を呼んだものもある。

例えば2021年6月に発売された「マスクパン」(5個セット1800円)は、メロンパンを使用したマスク。まさに子どもならではの、冗談のような発想で、「売れるわけがない」と思う人は多いだろう。

しかし、初回の販売分200個が初日で完売、10月末現在までに累計5000個を販売、入荷待ちが続いているヒット商品なのである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)