ホンダが「電気のバケツリレー」を仕組み化した訳

ホンダが「電気のバケツリレー」を仕組み化した訳

電気を取り出す「CHARGING STATION」となったFCバス(筆者撮影)

秋晴れに恵まれた、山梨県甲府市のJIT リサイクルインク スタジアム。この地で、「平時と有事」の2つのフェーズをフリーとする考え方「フェーズフリー」を実感することができた。

「水素×スポーツ Day in 山梨」というイベントでのことである。

これは、2021年明治安田生命J2リーグ第39節「ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC」(2021年11月14日)の開催に併せて、山梨県・トヨタ・ホンダなどが連携して実施したものだ。

会場では「Moving e(ムービングイー)」を活用して様々な電力供給が実施された。

Moving eとは、2020年8月に詳細が公開された「災害時の電力確保を目指し、移動式発電・給電システムを構築して電気を届ける」ことを使命とするシステム全体を指す。

大型発電機としての母船の役目をするのは、トヨタが東京都向けなどに約100台を納車した燃料電池バス「FCバス」の搭載水素量を約2倍に引き上げた「CHARGING STATION(チャージングステーション)」。ここから電気を取り出すのは、ホンダの「Power Exporter(パワーエクスポーター)」だ。



取り出した電気は、可搬型バッテリー「LiB-AID(リベイド)E500」や「モバイルパワーパック」など、小型の電池に振り分けられる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)