中国TCL「印刷方式」大型OLED量産に賭ける野望

中国TCL「印刷方式」大型OLED量産に賭ける野望

CSOTは印刷方式の大型OLEDを量産し、テレビ向けパネル市場のゲームチェンジャーになることを目指している。写真は同社が試作した31インチの印刷方式OLED(CSOTのウェブサイトより)

中国のディスプレーパネル大手のTCL華星光電技術(CSOT)が、「印刷方式」による大型有機ELディスプレー(OLED)の世界初の量産実現に近づいている。11月16日、同社のCOO(最高執行責任者)を務める趙軍氏が財新を含むメディアの取材に応じ、「印刷方式OLEDの量産プロジェクトは計画通りに進んでいる」と明かした。

CSOTは中国のテレビ大手、TCL科技集団の子会社だ。2021年4月、TCL科技集団は第三者割当増資で最大120億元(約2150億円)を調達し、広東省広州市に酸化物半導体を用いた第8.6世代の液晶パネル生産ラインを建設すると発表。と同時に、印刷方式による第8.5世代のOLEDパネル生産ラインの建設を検討していると公表した。財新記者の取材によれば、印刷方式OLEDの工場建設は2022年に始まる見通しだ。

OLEDパネルは液晶パネルよりもさらに薄く、画面を曲面にしたり折り曲げたりできるフレキシブルパネルの製造も可能だ。小型パネルの市場ではOLEDのシェアが年々高まっており、なかでもスマートフォンのハイエンド機種ではすでにOLEDが主流になっている。

■日本のJOLEDとの資本提携に300億円

一方、主にテレビ向けの大型パネルでは、OLEDのシェアは伸び悩んでいる。大型OLEDパネルの供給は、韓国メーカーのLGディスプレイによる事実上の1社独占が続いている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)