コロナ自粛に「凍りついた」人気バンドが語る実態

コロナ自粛に「凍りついた」人気バンドが語る実態

人気バンド「Non Stop Rabbit」メンバー。左から矢野晴人さん(25)、リーダーの田口達也さん(28)、太我(たいが)さん(26)(写真:乾真規)

無観客か有観客か、有観客なら人数をどう絞るのか。コロナ禍でスポーツや音楽イベントが揺れ続けた。2021年11月から制限は緩和されたものの、今度はオミクロン株の影響が懸念される事態になってきた。そうした中、Z世代に絶大な人気を誇る3人組ロックバンドの「Non Stop Rabbit (通称・ノンラビ)」は2020年12月にポニーキャニオンからメジャーデビューして以降、一度も有観客のライブを開催していない。音楽活動の自粛が余儀なくされたなかで、彼らの苦悩を聞いた。

■ファンを危険にさらすような行為はできない

スリーピースバンドの「Non Stop Rabbit」は、YouTuber(ユーチューバー)としても活動をしている。都市伝説系を中心としたメインチャンネルの登録者数は2021年12月21日時点で60万人超。音楽のみの音楽チャンネルと合わせると、3億回以上の再生数を記録している。

メンバーは、リーダーの田口達也さん(28)、そして矢野晴人さん(25)、太我(たいが)さん(26)。彼らは、コロナ禍の2020年12月9日に、ポニーキャニオンからメジャーデビューを果たしたが……。

――ノンラビはメジャーデビュー以降、一度も有観客ライブができていません。こういうときは、どんな気持ちになるのでしょうか。

田口:やっぱり相当なストレスでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)