5代目と6代目の相違点、ステップワゴン新旧比較

5代目と6代目の相違点、ステップワゴン新旧比較

ステップワゴンの新旧を比較

5代目と6代目の相違点、ステップワゴン新旧比較

左が2021年1月7日に発表された6代目ステップワゴン、右が先代にあたる5代目ステップワゴン(写真:尾形文繁/本田技研工業)

ホンダのミドルサイズミニバンステップワゴン」の新型が2022年1月7日のジャパンプレミアで初公開となり、2022年春に発売されることがアナウンスされた。1996年に発売された初代モデル以来、ファミリー層を中心に根強い支持を受けているホンダ主力車種のひとつだが、先代モデルは販売面で近年苦戦していただけに、新型がどのような変貌を遂げたのかが気になるところだ。

新型となる6代目では、初代や2代目に近いスクエアな外観デザインになったことも大きなトピックスではある。だが、もっとも注目したいのは、メインターゲットである子育て世代などのファミリー層にとって、いかに使い勝手がよくなったかだ。先代モデルと比べ、ライバル車のトヨタ「ヴォクシー」やその兄弟車「ノア」、日産「セレナ」に対抗しうるだけのアップデートがなされているのかが気になるところだろう。クルマの購入動機には、見た目のスタイルやデザインも重要なファクターではあるが、こうしたファミリー向けジャンルのクルマでは、どれだけ高い実用性を備えるのかも、ユーザーから大きな支持を得られるか否かのカギになるからだ。

そこで今回は、主に室内装備やユーテリティに焦点を当て、先代モデル(5代目)と比較することで、新生ステップワゴンが、どの程度の商品力向上がなされたのかを検証する。

ちなみに新型モデルについては、価格や内外装のサイズなど、まだ公開されていないデータも多々ある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)