アウディの大胆なEV転換に不安と期待が混じる訳

アウディの大胆なEV転換に不安と期待が混じる訳

1月17日に発表された新型バッテリーEV「Q4 e-tron」(写真:アウディ ジャパン)

1月17日にアウディ ジャパンは都内で年頭記者会見を行った。朝、会場につくとまずは週末の間に急遽決まったという抗原検査を受ける。COVID-19を取り巻くこの状況下でもオンラインとはせず直接言葉を伝えたいという思いが、そこからは伝わってきた。メインスピーカーは昨秋に就任したばかりのアウディ ジャパン新社長、マティアス・シェーパース氏である。

この日のハイライトは599万円からという意欲的な価格設定で登場した新型バッテリーEV(以下BEV)、「Q4 e-tron」の発表だったが、その前にはシェーパース氏によってアウディ ジャパンの積極的な電動化戦略、要はBEVシフトについて説明がなされた。

アウディAGの方針として示されているのが、2025年に内燃エンジンを搭載する最後の新型車が投入され、2026年以降に新たに発表されるモデルはすべてBEVとなる。そして2033年には内燃エンジンの生産を終了……ただし中国を除くという“?”な注釈付きで……というスケジュールである。

■年間332台を4年で1万台以上に引き上げられるか

さらに、2025年までに車両のライフサイクルにおけるCO2排出量を2015年基準で30%削減し、2050年までにゼロにするという「Mission:Zero」も掲げられている。そのうち排出量の2割を占める生産工程については、BEVを生産するベルギーのブリュッセル工場が、すでにカーボンニュートラルを実現しており、2030年までにはすべての工場がこれに続く予定だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)