アウディの大胆なEV転換に不安と期待が混じる訳

また、大規模な太陽光発電、風力発電なども手掛け、BEVユーザーに再生可能エネルギーによる電力供給を行っていくかたちを作っている。

では日本はどうするのか。まず数字として掲げられたのが、2025年にBEV比率を35%、台数として1万台以上販売するというものだ。2021年のアウディの日本国内での販売台数は前年比1%増の2万2535台。そのうちBEVのe-tronモデルは332台で、つまりBEV比率は1.5%だった。それを4年で30倍の台数まで引き上げるというのだ。当然、それは簡単なことではない。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)