「格差をリセット」する教育本来の機能を取り戻せ

「格差をリセット」する教育本来の機能を取り戻せ

貧富の格差で「受けられる教育」が決まってしまう現状は、個人にも国家にも大きなマイナスとなる「2つのエラー」を生み出すと言います(画像:CORA/PIXTA)

GAFAの強さの秘密を明かし、その危険性を警告した書籍『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』は日本だけで15万部のベストセラーになり、日本に「GAFA」という言葉を定着させた。

その著者スコット・ギャロウェイ教授の最新作『GAFA next stage 四騎士+Xの次なる支配戦略』も6万部のベストセラーになっている。本書では、コロナ禍でますます肥大化したGAFAや、この4社に匹敵する存在になるだろう「+X」の巨大テック企業が再び、世界をどのように創り変えていくかを予言している。

著者のギャロウェイ氏はGAFA+Xの「最大の獲物」として「大学」を挙げている。日本の大学教育のあり方に危機感を持ち、警鐘を鳴らしてきた社会学者の橋爪大三郎・東京工業大学名誉教授に、これからの「大学のあるべき姿」を聞いた。その前編をお届けする。

後編:「大学入試を廃止」今こそ本気で考えるべき理由

貧困とはどういう意味なのかいまの社会は、貧富の格差が拡大し、多数の犠牲の上にひと握りの人がマネーゲームをしているという実態があります。踏み台になっている人びとのことを考えずに、「私はこれだけ儲かりました」などと自慢している。

『GAFA next stage』は、著者のスコット・ギャロウェイさん自身が、子供時代に貧困だったことを紹介しています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)