今「PHEVを買っている人」はどんな人なのか?

今「PHEVを買っている人」はどんな人なのか?

左上:三菱「アウトランダーPHEV」、右上:BMW「5シリーズ」、左下:メルセデス・ベンツ「Aクラス」、右下:トヨタ「RAV4 PHV」(写真:三菱自動車、BMW Japan、メルセデス・ベンツ日本、トヨタ自動車)

電動化やカーボン・ニュートラルといった話題について、クルマにあまり詳しくない人と話す機会があった。その人からすると、「電動化=BEV(電気自動車)ばかりが走る未来」を自然に想像するらしい。

たしかに、ボルボは2030年までにBEVだけのブランドになると発表しており、メルセデス・ベンツも2030年までに新車販売をBEVのみにすると宣言している。同様にホンダは、世界で販売する新車を2040年までにBEVかFCEV(燃料電池車)のみにする目標を掲げている。

もちろん、これらの宣言はカーボン・ニュートラルをはじめとする、地球環境保全を意識したものである。ただ、実際のところはEUやアメリカ、中国を中心に、頻繁に上書きされるルールへの適応から生じている変化でもあり、その背景には各国の産業や雇用を守るための生存戦略が見え隠れしている。

今回は、そんなBEVに注目……ではなく、ガソリン車から一足飛びにはなかなかBEVは購入しづらい、そんなユーザーニーズを取り込めているPHEV(プラグインハイブリッド車)にスポットライトをあてる。

PHEVとは、一般的なHEV(ハイブリッド車)よりも大容量のバッテリーを持ち、コンセントから直接バッテリーに充電できるハイブリッド車だ。



バッテリーで走行可能な範囲内であれば、電気自動車としての使用が可能となる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)