激戦地近い「ウクライナ南東部」写真家が見た光景

激戦地近い「ウクライナ南東部」写真家が見た光景

3月4日にロシア軍の砲撃を受けたザポリージャ原発。左端に6機の原子炉建屋と排気塔が見える。ドニプロ川の対岸より(撮影 4月15日)

2月24日に始まったロシア軍のウクライナへの侵攻。ロシア軍はキーウ(キエフ)から撤退し、戦力を南東部のドンバス地域などに集結させている。

南東部には、ロシア軍の占領地域が近く激戦地となっているマリウポリがあるほか、ロシア軍の砲撃を受けたザポリージャ原発がある。

開戦直後の3月に続いて再びウクライナに入った日本人写真家が現地の状況をレポートする。

(この連載の1回目記事/2回目記事/3回目記事)

「比較的安全」と言われた町に落ちたミサイル開戦47日目、4月11日。ポーランドから国境を越え、ウクライナ西部の都市リビウに着いた。

筆者が先月ウクライナに入ったときは、国外へ逃げる人でどこもごった返していた。ところが今回、ウクライナ行きのバスが出るワルシャワのバスステーションには、避難してきたばかりの人とウクライナに戻る人が混在していた。

車内で出会ったのはストリートファッションが好きだというポリーナ(28)。5年間暮らしたキーウを離れ、ポーランドの北にある港街、グダニスクにひと月避難していた。キーウがロシア軍に包囲され、勤めていた洋服店が休業したためだった。「故郷はどこ?」と尋ねた筆者にポリーナはこう答えた。

「3日前に駅前が攻撃されたでしょ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)